夫婦円満の秘訣は思いやり

夫婦になるといい意味でも悪い意味でも『馴れ』が生じてきます。恋愛を始めたばかりの頃はデートをする度に緊張して、女性なら食事をするのも恥ずかしい、などと感じていたりするものです。それが何度もデートを重ね、長い年月を一緒に過ごすと緊張感がなくなり、恥ずかしいと感じることもほとんどなくなっていくことが多いでしょう。

馴れは一緒にいると心がやすらぐ、安心する、という意味においてはとても大切です。一生を共にするには、安らぎが必要です。特に男性にとって昼間は気を張って仕事をしているのですから、家に帰ったらリラックスしたいもの。家でも緊張をしていたら、気が持ちません。家庭は安らぎの場所であることを望む男性が多いでしょう。

緊張感がなくなるのは、いいことばかりではないものです。夫婦はお互い気を遣わないのがいいことでもありますが、気を遣わないことで、自分が楽になり相手を傷つけたり、不快な思いをさせてしまったりすると、夫婦の間に溝ができる原因となることも。親しき仲にも礼儀あり、という言葉は夫婦にも言えることではないでしょうか。夫婦だからこそ、相手のことを思いやって生活をしないと、自分ばかり我慢している、これをしてくれない、あれもしてくれない、自分のことを大事にしてくれない、愛情は冷めた、という展開になり、奥さんが家のことをしなくなったり、旦那さんが家に帰ってこなくなったりするのです。それが重なると最悪の事態を招くことも。毎日気を遣うということではなく、ちょっとした気遣いや思いやりを持つことが、夫婦円満の秘訣となるでしょう。

~PICK UP~
電話や対面式など様々な方法で夫婦関係の修復の相談を受けてくれるサービスです →→→ 夫婦関係の修復

 

Copyright © 2014 夫婦円満の秘訣 All Rights Reserved.